太閤山 常泉寺

当山は豊臣秀吉生誕地・秀吉公産湯井戸とお手植えの柊で知られ、ご神体太閤秀吉公肖像(大阪城より加藤清正が秀頼公に請い)この地に鎮座し奉る。

御本尊日蓮大聖人
創建慶長年間(1596~1615)
開基圓住院日誦上人
 

アクセス

住所愛知県名古屋市中村区中村町木下屋敷47
交通地下鉄東山線
日赤病院駅/中村公園駅徒歩15分
問合せ 052-412-3467
時間:9:00~17:00

 

スマート御朱印・御詠歌

南無妙法蓮華経

 

南無妙法蓮華経 【黒】

 

南無妙法蓮華経 【紺】

 

由来

 生前秀吉公の命により太閤殿廟堂として、加藤清正と圓住院日誦上人によって建立された寺。

 秀吉病没後(慶長3年1598)大阪夏の陣(元和元年1615)秀頼の母・淀殿と自刀、秀頼の子国松暗殺に遭いと豊臣家滅亡となり、当山も灰燼となるも当山第2世真英院日探上人が太閤像を背負い難を逃れる。

前の記事

別小江神社